2009/10/05

世界1位のキャリア China Mobile



http://www.chinamobile.com/

中国の3大キャリアの1つ。現在、中国国内だけで4億9312万、グループで約5億の世界1位の契約者数を誇る。

中国移動グループは、中国移動本体、パキスタンZONG、香港Peopleより構成される。



http://www.zong.com.pk/

香港People
http://www.hk.chinamobile.com/p_homepage_en.jsp



3Gの通信方式は、独自のTD-SCDMA方式を採用。3G利用者は、95万9000人に達している。



着メロサービスのWireless Music Clubが、9880万契約。メッセンジャーサービスのFetionが1億8348万契約。中国版の電子書籍 Mobile Paperが、4524万契約、12850と電話するとオペレータが食事、娯楽、旅1行、天気、交通やホテルの予約を行ってくれる12850(全球通)が、1億2413万契約となっている。


139というメールサービスが、1億ユーザと突破し、モバイルゲームユーザが700万を突破したとも書かれている。






Wireless Music Club



MMSやSMSなどをベースにした電子出版(メルマガみたいな感じ?)。



Fetion






12850(全球通)
http://www.chinamobile.com/gotone/


M-Zone (139.com)

中国の携帯電話インターネットサービス。現在、139の電子メール利用者が1億ユーザを突破。携帯電話インターネットの爆発的な普及には失敗したものの、SMSやMMS中心からここ数年で電子メールの普及が加速した様子。




そして、中国移動の3Gサービス。TD-SCDMAという独自方式ながら、すでに95万9000人を突破。急激にユーザ数を増やしている。

そして最近、3Gサービスの立ち上げと同時にChina Mobile独自端末 OPhoneや、独自のマーケットプレイス Mobile Marketを立ち上げている。日本のiモードのモデルをオープンなモデルにして5億ユーザに一気に普及させるという感じのコンセプトになっている。China Mobileは、日本で悪しき慣習とされた端末奨励金の制度を使い3G端末を2000元程度の価格で販売し始めている。数年後には1000元をきる3Gのスマートフォンが販売の主流になり年間数千万台が出荷されることが予想されている。






OPhoneアプリの開発者向けネットワーク



OPhone向けOS「OPhone OS」を開発したBorqs。




中国移動のOPhoneやOpenデバイス向けのマーケットプレイス Mobile Market。
http://www.borqs.com/index_zh.jsp

Lenovo社のOPhone端末O1



Mobile Marketは、OPhoneアプリ以外にも、JIL Widget、Symbian、Windows Mobile、Java ME、WindowsCE、魅 族などのアプリのダウンロードも可能になっている。




Symbian向けには、Mobile Marketにアクセスするための専用アプリケーションが用意され、そのアプリケーションで既存の端末からもMobileMarketにアクセスできる仕組みとなっている。

また、Mobile Marketの開発者向けサイトも用意されている。


現時点で詳細が不明だが、開発者とChina Mobileのマーケットでのシェア率は30%:70%になり、将来的には世界中のエンジニアに開放される可能性があるマーケットになっている。

0 件のコメント: